AQUAの乾燥機についてる黄色いマークは安全の証

コインランドリーの乾燥機・洗濯乾燥機はガスを使用した燃焼機器なので安全性の確保をは最重要事項の一つです。
あまり一般的に知られていませんが、AQUAのガス機器は高い安全性を維持するために厳しい検査を受けて、第三者認証を取得しています。
実は乾燥機・洗濯乾燥機に控えめながら光る黄色いマークは【JIA認証】という厳しい安全基準を満たす認証品のしるしなのです。

226.PNG

すべては安心してガス乾燥機をご使用いただくためです。
AQUAの業務用ガス機器は漏れなく、この一般財団法人日本ガス機器検査協会の形式認証(JIA形式認証)を取得しています。
さらに、JIA防火性能評定の試験基準にも適合しているので、なんと防火の観点から可燃物とされる壁とのすき間をあけずに設置が可能です。

また認証後も同じ品質の製品が製造されているかどうかについて、年数回工場に立ち入り、製造工程での品質管理の調査・指導を行うフォローアップ検査を受けているそうです。

これだけ厳しい基準を満たした機械なら安心ですね。

コインランドリー開業に必要な届出は?【消防編】

コインランドリーの設置にあたって、市町村によっては消防への届け出が必要な場合があります。
225.PNG
市町村条例で「火を使用する設備等の設置の届け出」が定めらており、乾燥機、洗濯乾燥機がそれに該当します。
設備の位置、構造その他火災予防上必要な事項を管轄の消防署の担当課へ届出て、条例の規定に適合するものであることについて審査を受けます。

223.PNG

【消防法第9条(火を使用する設備、器具等に対する規制)】により届出を必要とします。
ただし条文の解釈の仕方によって届け出は不要という場合もありますが、消防法で定められている以上、所轄の消防署へ届け出の要・不要の確認が必要です。

224.PNG

また東京都は【東京都火災予防条例第57条(火を使用する設備等の設置の届け出等)】にある除外条件
①入力17Kw未満 ②機器の据付面積1㎡未満 ③シリンダー容積㎥未満
に該当する場合は届出が不要となります。

コインランドリー開業に必要な届出は?【保健所編】

「コインランドリー」という名称が一般的に親しまれておりますが、実は法的な正式名称は【コインオペレーションクリーニング営業施設】といいます。
許認可は国ではなく、各地方公共団体への申請となります。

コインランドリーはクリーニング業法の規制を受ける施設ではありません。
しかし、不特定多数の方が洗濯機を共同で利用するため、衛生的な管理を行うよう各自治体で指導要綱を定めています。
222.png
届出の流れ
①管轄の保健所の担当部署に「コインオペレーションクリーニング営業施設開設届け」を提出します。
※自治体のHPから申請書フォームをダウンロードできる場合があります。

②開設届けには「衛生管理責任者」や「有機溶剤管理責任者」を書く欄もありますが、ドライ機のないコインランドリーは「有機溶剤」は使用しないため「衛生管理責任者」にオーナー様の個人名を記入します。

③添付書類として「構造設備の概要」、「付近見取り図」、「洗濯機等の配置図」も必要です。
※作成はMIWAにお任せください。

④保健所の担当者と監査の日時を相談で決定し、後日、現地にて監査の立会をします。
保健所の検査が終了し、問題なければ「検査済証」が保健所から交付されます。

設備基準や必要書類などの詳細は以下を参照してみてください。
例)東京都千代田区のコインランドリー届出について

詳細については各自治体によって多少異なり場合があります。都度、確認が必要です。

コインランドリーの排水には規定があるのか?

特殊な洗剤や柔軟剤、助剤などを使用しない限り、コインランドリーの排水には有害物質は含まれません。
またCOD(科学的酸素要求量)の汚染負荷値も基準値以下のため、水質汚濁防止法で規制されることはありません。
221.png
クリーニング屋さんのドライ機(溶剤を使って洗う機器)と異なり、コインランドリーの洗濯機は基本的に家庭用のそれと同じであり、排水も下水道にそのまま流せる【雑排水】です。

ただし本下水道が整備されていれば接続で問題はありませんが、下水が完備されていない場所でコインランドリーを設置する場合、排水は河川に放流することになります。
特に放流する河川が農業用水に使用されている場合は、周辺地域(農業委員会、水利組合、自治会)の了解を得ておく必要があります。
管轄の保健所で排水の経路を調べて、問題がなければ許可をもらえます。
水路が農業用水等に使われている場合は、了解を取りつける相手を教えてもらえます。

設置してから反対にあい開店できなくなる場合も考えられますので、必ず事前に了解を取っておきましょう。
場合によってはビジターの業者が話をするより、オーナー様が地元であれば直接交渉のほうが了解を取りやすいです。
220.png
基本的にそのまま放流はNGですので、合併処理浄化槽を設置する必要があります。
浄化槽は定期的なメンテナンスを要しますので、地域のメンテナンス会社や清掃業者と契約することになります。

コインランドリーはどこにでも出店できるの?

コインランドリーに限らずですが、店舗をつくるときには法令に基づいて進めることが大前提です。
出店に際してはさまざまな法令が関係してきますが、候補地選びの段階で注意するのは【用途地域】です。

まずは用途地域(ようとちいき)とは何なのか?
都市計画法の地域地区のひとつで、用途の混在を防ぐことを目的として住居、商業、工業など市街地の大枠としての土地利用を定めるものです。
戸建住宅の立地として制限の厳しい【第一種低層住居専用地域】や工業の推進を図る【工業地域】など12種に分類されます。
なお、用途地域による用途の制限に関する規制は、主に建築基準法令の規定によります。

これによりコインランドリーを出店できる場所と出店自体NGの場所があり
また、出店において条件が付く場合もあります。

217.PNG

その条件は、そもそもコインランドリーという業種自体が【工場】【店舗】のどちらに分類されるかにより変わります。
その見解は自治体によって異なりますので、あらかじめ確認が必要です。
218.PNG

コインランドリー開業資金にリースを活用 どんなメリットがあるのか?

216.PNG

コインランドリーを開業するとき重要な資金調達は自己資金投入、銀行融資、リースが主な方法です。
ここではリースの優位性についてご案内します。
多くのメリットがありますので、具体的にご説明していきます。

1.初期投資を抑え、資金運用を効率的に
コインランドリーの設備は高額です。多額な初期投資が必要となります。
リースならば月々一定のリース料のお支払いなので、初期投資を抑え、また月々の売上から支払うことができるため余裕資金を他の資金利用や有利な投資などにご活用できます。

2.タイムリーなリノベーションで安定した経営を
どんな高品質な機械設備でも経年劣化は逃れられません。
機器が古くなれば当然のように客足は離れていきます。
安定した経営を継続するためには定期的な機器入替、店舗のリニューアルが必要です。
経済的な耐用年数に合わせたリース期間を設定することで、タイムリーに最新鋭の機械設備への入替が可能です。

3.金利変動リスクを回避
基本的にリース料は固定なので、月々のお支払い額が平準化され金利変動リスクが回避できます。
先々の事業計画もより確実なものとなります。

4.ご本業の借入枠はしっかりキープ
金融機関からの借入枠はそのまま温存し、100%別枠の資金として調達できるので、ご本業への影響は最小限に抑えられます。

5.面倒な設備の管理事務負担を軽減
直接購入の場合は手続き、固定資産税の申告・納付、保険料の支払い、廃棄などの管理事務が非常に面倒です。
リースはこれらの事務手続きが不要となり、設備の管理事務負担を軽減できます。

6.予算制度のネックを解消
予算の制約により機械設備を購入しにくい場合でも、リースなら容易に導入が可能。
一度に多額の資金を必要としないため、予算に合った形で無理なく機械設備を導入できます。

大切なのはそれぞれのオーナー様のご事情にあった、資金調達方法をご選択いただくことです。
ご参考いただきベストなチョイスにお役立ていただければ幸いです。

イタズラ、盗難を未然に防ぐカメラの設置術とは

コインランドリーは基本的に無人なので、盗難やイタズラのリスクがあります。
そこで防犯として最も頼りになるアイテムのひとつがカメラです。
通常はバックヤードにハードディスクと一緒にディスプレイを設置したり、ネットワークカメラを端末から確認する方法が一般的です。

その設置方法に一工夫することで実は割りと簡単に、高い防犯効果が期待できる方法があります。
ディスプレイを店内に設置してお店の様子を常時公開してしまうのです。
駅のホームなどでもありますね。
214.PNG
しっかりと監視の目があることをアピールすれば、犯罪など未然に防ぐことはもちろんですが、ご利用のお客様への安心感も高まります。
下がり壁への埋め込みや、天吊りなどもスタイリッシュでGOODです。

215.PNG
監視カメラが設置されていることアピールすることもお忘れなく。

第2回 国際コインランドリーEXPO2017 レポート

211.PNG 今回で2回目となりますが、初の試みだった昨年にも増して更に大盛況でした。
またコインランドリーの専業社だけではなく、あらゆる分野からの出展も多く、この市場の拡張性の高さを再認識致しました。
212.PNG
213.PNG
米国大手のメーカーWhirlpool社の出展や、海外メーカーの視察部隊など見受けられ注目度もよりグローバル化しているようです。

AQUA、TOSEI、山本製作所の国内3社と、斬新なアイデアでメディア露出も多いManmachaoはブースの規模から特に力の入れ方が伝わってきました。
クリーニング業界から昨今クラウドを活用したシステムや、カード決済などを手掛ける株式会社ライトが出展。
今後、コインランドリー界にもその技術をどう展開していくのか注目したいところです。

なんと!【コインランドリー刑事<デカ>】がオープン祝いに参上

各種メディアへの登場で、今やコインランドリー業界のみならず知名度抜群の【コインランドリー刑事<デカ>】こと藤原健一氏210.PNG
今回、当社施工のお店のオープンに取材を兼ねてお祝いに駆けつけてくださいました。
【コインランドリー刑事】とは、東京のコインランドリーをほぼ完璧に網羅した検索サイトで、その精度を一言でいえば「ありえないほどの完全さ」
このサイトが出現する以前はコインランドリーに正確なリストは存在せず、漏れなく調査するには自分の足で探し回るしかありませんでした。

14年ほど前から業界内では話題となり、いつからか業界で知らない人はいないサイトになりましたが、実際に素性は謎とされてきました。
誰がいったい何の目的で・・・多くの謎を残したまま刑事のクオリティーは益々高くなてっていきました。
話題の【コインランドリー刑事】をチェック!

しかし、昨年くらいから【マツコの知らない世界】などのバラエティー番組へのご出演で、一般の方々にもその(正体?)が明らかに!
そのTOKYOコインランドリーのカリスマ 【コインランドリー刑事】
ますます目が離せません。

ディープで魅力的 謎多きTOKYOコインランドリーを紐解く

昨今はこのブームもあり、郊外のロードサイドの大型ショップがコインランドリーのイメージとして定着しはじめました。
ただ、東京のコインランドリーはその大都市としての特性から、ランドリー創成期より独自の路線を歩んでいます。
201.PNG
東京23区のコインランドリーは【コインランドリー】というカテゴリだけでは、単純に分類しきれないほど奥深く、ミステリアス、また魅力的な世界です。
まさに【TOKYOコイン】という新しいカテゴリで括ったほうがしっくりくるくらい。

郊外の大型店舗と異なり日常使用や、お店や会社などの業務使用が見込めるため、その売上げの傾向は全国のコインランドリーと比較し、天候や時間帯の影響を受けにくく平均的でなめらかなグラフ線を描きます。
200.PNG
このように日常生活に溶け込んだ都内コインランドリーは、おそらくリノベーションによる機器入替のサイクル化が確立した、業界唯一の市場なのです。
ちなみに都内の売上がそ、の他のエリアと比較し若干低いのは店舗規模の違いからです。
15坪以上のショップが多い郊外店と違い、8坪から13坪程度の規模がほとんどの23区はイニシャルコストも圧倒的に安価なので、投資効率は極めて高いと言えます。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム