google-site-verification: google738bf28ff0360d5c.html

今、最も注目のビジネス

ニーズの多様化とオーナーの変化

現在、コインランドリー数は1996年頃から確実に増え続けており、1995年調べではユーザーは単身者・学生など7割を占めていました。2010年には主婦の利用が約7割と、今はユーザー層の大半を占めております。

布団やカーペットなどを利用する共働き世帯も増加しており、利用者のニーズに合ったお店づくりや機器を採用しているコインランドリー店舗が求められています。

ニーズの多様化とオーナーの変店舗もクリーニング店や飲食店との併設店、あるいは来店者が待ち時間を有効活用できるようなWi-Fi環境やキッズルームのある店舗、スタッフが常駐する店舗等、さまざまな店舗形態へと変化しています。

また経営者も、以前は所有の土地や空きテナント有効活用を目的とした個人オーナーから、昨今では法人オーナーの多店舗展開による事業化が急増してきました。

確実に伸長を続ける市場

確実に伸長を続ける市場
厚生労働省が行った調査では、年々コインランドリーが増加傾向にあります。
近年では比較的広い駐車場が設置された郊外型店舗も増え、以前よりも利用しやすい環境に加え、毛布や布団などの大物などを洗うために利用者が増加していることが要因と考えます。

市場の将来性と安定性

市場の将来性と安定性日本の洗濯労働市場は約5.2兆円と推計され、その中でもコインランドリーは全体の約2%、約1,000億円規模の市場で、今後の需要増加も見込まれており、ますます市場拡大の機会が潜在していると言えます。

市場の将来性と安定性

コインランドリーの優位性

コインランドリーの優位性
  • 家庭では洗えない大物洗い・乾燥が簡単にできる
  • クリーニングに出すより早くて手軽で割安
  • 乾燥機を使うとスピーディでふっくら仕上がる
  • 高温乾燥でダニも死滅できるから清潔

MIWAは時代にマッチしたビジネス「コインランドリー」をおすすめします!

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム