コインランドリー開業資金にリースを活用 どんなメリットがあるのか?

216.PNG

コインランドリーを開業するとき重要な資金調達は自己資金投入、銀行融資、リースが主な方法です。
ここではリースの優位性についてご案内します。
多くのメリットがありますので、具体的にご説明していきます。

1.初期投資を抑え、資金運用を効率的に
コインランドリーの設備は高額です。多額な初期投資が必要となります。
リースならば月々一定のリース料のお支払いなので、初期投資を抑え、また月々の売上から支払うことができるため余裕資金を他の資金利用や有利な投資などにご活用できます。

2.タイムリーなリノベーションで安定した経営を
どんな高品質な機械設備でも経年劣化は逃れられません。
機器が古くなれば当然のように客足は離れていきます。
安定した経営を継続するためには定期的な機器入替、店舗のリニューアルが必要です。
経済的な耐用年数に合わせたリース期間を設定することで、タイムリーに最新鋭の機械設備への入替が可能です。

3.金利変動リスクを回避
基本的にリース料は固定なので、月々のお支払い額が平準化され金利変動リスクが回避できます。
先々の事業計画もより確実なものとなります。

4.ご本業の借入枠はしっかりキープ
金融機関からの借入枠はそのまま温存し、100%別枠の資金として調達できるので、ご本業への影響は最小限に抑えられます。

5.面倒な設備の管理事務負担を軽減
直接購入の場合は手続き、固定資産税の申告・納付、保険料の支払い、廃棄などの管理事務が非常に面倒です。
リースはこれらの事務手続きが不要となり、設備の管理事務負担を軽減できます。

6.予算制度のネックを解消
予算の制約により機械設備を購入しにくい場合でも、リースなら容易に導入が可能。
一度に多額の資金を必要としないため、予算に合った形で無理なく機械設備を導入できます。

大切なのはそれぞれのオーナー様のご事情にあった、資金調達方法をご選択いただくことです。
ご参考いただきベストなチョイスにお役立ていただければ幸いです。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム